#アフガニスタン


記事・画像は引用しております

アフガニスタンで攻撃を続ける反政府勢力タリバンが15日夜、首都カブールに入った。それに先立ち、ガニ大統領は隣国へ出国した。タリバンはカブールを攻撃して制圧するつもりはなく、平和的な権力移行を目指すとしている。同日夜には大統領府を掌握したとしている。このまま平和的でいてほしいのですが。

【【陥落】AA‼反政府勢力タリバンwwカブール制圧ww!!】の続きを読む


記事・画像は引用しております

アフガンスタンの有力な軍閥指導者の一人として知られる、同国第3の都市ヘラートを長く統治していることから「へラートのライオン」と呼ばれるイスマイル・カーン氏が13日、タリバンに拘束された。同氏は先月、住民らに対タリバン戦に加わるよう呼び掛けていた。混乱が続くアフガンスタン、平和が早く来ますように願っています。

【【指導者】AA‼へラートのライオンwwタリバンに拘束ww!!】の続きを読む


記事・画像は引用しておりま

アフガンスタンで、反政府勢力タリバンが支配地域の拡大を続け、首都カブールに迫る中、バイデン大統領は14日、大使館職員の退避を支援するために、兵士1000人の追加派遣を決めたほか、タリバン側に対し、アメリカ国民を危険にさらす行動は、迅速に反撃する方針を伝えたことを明らかにした。何とか関係者の皆さんが無事の帰国が出来ますように。

【【米国大統領】AA‼米軍ww在カブール職員退避支援ww!!】の続きを読む


記事・画像は引用しております

在アフガニスタン米大使館は職員に、機密性の高い文書の廃棄を開始するよう指示した。同大使館は公には業務が平常だとしているが、最近の動きは大使館が反政府勢力タリバンに制圧される可能性にバイデン政権は備えていることを示している。米軍の一時派遣の急務。大使館職員や米国民の救出を最優先に。また、日本大使館や邦人救出はどうなっているのでしょう。

【【機密保持】AA!!バイデン政権ww在アフガニスタン大使館ww!!】の続きを読む


記事・画像は引用しております

アフガニスタンの反政府勢力タリバン攻勢を受け、米国務省は12日、在アフガニスタン米国大使館職員を安全に国外退避させるため、3千人の米兵を一時的に首都カブールに派遣すると発表した。タリバンは急速に支配地域を拡大させており、首都カブールの侵攻も目前に。


【【タリバン攻勢】AA!!3千人米軍ww一時的に派遣ww!!】の続きを読む

このページのトップヘ