“ふたご座流星群”「火球クラス」の巨大な流れ星。ピークの極大期を前に観察される
…「満天星」付近はここ数日、曇ってはいたが、ふたご座流星群と思われる流れ星がいくつか観察できたという。 14日にピークを迎えるふたご座流星群の観察ポイントとして、次の点をあげる。
(出典:ハフポスト日本版)


ふたご座流星群ふたござりゅうせいぐん、学名 Geminids)は、ふたご座α星(カストル)付近を放射点として出現する流星群である。ふたご座α流星群ふたござアルファりゅうせいぐん)とも呼ばれる。12月5日頃から12月20日頃にかけて出現し、12月14日前後に極大を迎える。しぶんぎ座流星群
6キロバイト (753 語) - 2021年12月13日 (月) 12:07
記事・画像は引用しております

ふたご座流星群が、「火球並み」に。巨大な流星群を観察できただろうか。14日にピークを迎えるが20日ごろまで観察できそう。

【【観察】AA!!見た?wwwwふたご座流群wwww!!!!】の続きを読む