NHKの放送総局長が21日、都内で定例会見を行い、Eテレの「デザインあ」と、「JAPANGLE」の音楽担当するミュージシャン小山田圭吾(52)の学生時代のいじめ問題について、過去に視聴者から指摘があったことを明らかにした。指摘があったにも関わらず「本人が反省している」と釈明した。では、許されないでしょう。本人も最低だがNHKも最低だ。公表されいる問題が事実であるならば許されない。相応の罰を受けてもらわねばならない。いじめを受けた側になってみるといい。NHKもいよいよ解体に突き進む。

【速報】 NHK解体に近づく、いじめNHKに10年前に視聴者】の続きを読む