国際・海外・政権・政治・軍事・経済・外交・事件・事故


フランス、来年の大統領選に出馬を表明したエリック・ゼムール氏は「フランスはもはやフランスではなくなっている」と主張。「フランスを救うために出馬する」と述べた。「国民第一」を強調し「40年間、移民を拒否してきた日本がモデルだ」と説明した。ゼムール氏は賢い人ですね。移民を受け入れると国は崩壊し、多種多様な国民を束ねていくのが困難になります。アメリカをはじめ、世界がそうなっています。日本周辺から、半島から、不法移民が入っています。日本が愚かな国に、すでになっていますが、そうならないように反対の意思を示さなければなりません。

1 樽悶 ★ :2021/12/02(木) 07:18:51.26

フランス・マルセイユで、通行人に中指を立てられ同じしぐさで応じたエリック・ゼムール氏(右、2021年11月27日撮影)

(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)


 【パリ時事】フランスの極右政治評論家、エリック・ゼムール氏は30日、来年4月の大統領選への出馬を正式に表明した。

 世論調査では、既に出馬表明している極右政党「国民連合(RN)」のマリーヌ・ルペン氏と支持率2位の座を争っており、決選投票進出を狙う。

 ゼムール氏はユーチューブに投稿した動画で、移民の流入により「フランスはもはやフランスではなくなっている」と主張。「フランスを救うため、大統領選に出馬することを決意した」と述べた。

 ゼムール氏は無所属での出馬。テレビのコメンテーターや作家として知名度は高いものの、政治経験はゼロ。過激な人種差別的発言でしばしば物議を醸し、過去には有罪判決を受けたことがある。立候補が認められる上で必要な、国会議員ら500人以上の署名が集められるかが焦点となる。

 寛容な移民受け入れ政策に反対し、不法移民よりも仏国民への手当を充実させるべきだと、「国民第一」を強調。9月下旬にはツイッターで、自身の訴えは「40年間移民を拒否してきた日本がモデルだ」と説明した。新型コロナウイルス危機で広がった不平等感を背景に、この秋ごろから急速に支持を拡大した。

11/30(火) 20:28配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/24bb1cbcda43b692e9f823ff3ef6feec8d4ab900

 来年4月のフランス大統領選挙に、極右の政治評論家が正式に出馬を表明しました。「反移民」などの主張で支持を集め、世論調査では極右政党のルペン氏と2位の座を競っています。

 来年4月の大統領選挙への出馬を表明したのは、政治評論家のエリック・ゼムール氏(63)です。ゼムール氏は、反移民など極右的な主張で支持を集め、11月30日、「フランス人のフランスを取り戻す」と支持を訴えました。

 最新の世論調査では、マクロン大統領の支持率が25%と首位。前回の選挙で決選投票に進んだ極右政党「国民連合」のルペン氏が19%、ゼムール氏は14%ですが、ソフト路線に転向するルペン氏からより極端な主張を展開するゼムール氏に支持が流れているともいわれ、ゼムール氏が2位に浮上したこともあります。

 一方、マクロン大統領は、年明けに立候補を正式表明するとみられています。

12/1(水) 11:03配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/7c46d27d8dc33cce54ea7c5829fbde4feaa96135

★1:2021/12/01(水) 23:09:52.14
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1638380335/


【【移民拒否】AA!フランスを取り戻すwwwww日本がモデルだWW!!】の続きを読む


新規コロナウイルスの「オミクロン株」は、欧州疾病予防管理センターによると、今のところ全て無症状か軽症だったと明らかにした。広報担当者は、重症化を防ぐという面でワクチンは高いレベルでの予防効果を維持してきた。だが、まだ分からない事の多い変異株。この先、どのように変化していくのか注意深く見守っていかなければならない。

1 影のたけし軍団 ★ :2021/12/01(水) 08:36:03.95

新型コロナウイルスの「オミクロン変異株」は、欧州連合(EU)では域内11カ国で少なくとも合計44件の感染が確認された。
ただ、今のところ全て無症状か軽症だった。欧州疾病予防管理センター(ECDC)が明らかにした。

英アストラゼネカとワクチンを共同開発したオックスフォード大学は、ワクチンで得られた免疫にオミクロン変異株が与える影響について研究。

広報担当者は「この1年間に複数の変異株が出現したが、重症化を防ぐという面でワクチンは高いレベルでの予防効果を維持してきた。
オミクロンが例外である証拠は現時点で見受けられない」と述べた。
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2021-11-30/R3EDADDWX2PS01

「オミクロン」にワクチンが効かない証拠はない-オックスフォード大
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2021-11-30/R3E1XWDWRGG001


【【変異株】オミクロン株WW!欧州の全てWW無症状または軽症 ⁉⁉】の続きを読む


WHOは30日、変異株「オミクロン株」の渡航制限を巡り、根拠に基づいたリスクベースのアプローチを運用すべきとの表明をした。一律の渡航禁止は国際t的な感染拡大を防げないと。28日現在、約56カ国が渡航禁止措置を実施している。WHOの情報発信は、テドロスがいるうちは信用できない。

1 マカダミア ★ :2021/12/01(水) 08:07:38.50

[ジュネーブ 30日 ロイター] - 世界保健機関(WHO)は30日、新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン」出現に端を発した渡航制限を巡り、全渡航者に対し「根拠に基づいたリスクベースのアプローチ」を適用すべきとの見解を表明した。

対策としては、「渡航前や到着時の乗客のスクリーニング、リスク評価を行った上での渡航者に対する新型コロナ検査の実施または隔離などが考えられる」と指摘。全ての措置はリスクに見合ったものでなくてはならず、期限を設け、旅行者の権利を尊重して適用すべきだとした。

その上で「一律の渡航禁止では国際的な感染拡大を防ぐことはできず、人命や生活に大きな負担をかけることになる」と述べた。

28日現在、約56カ国が水際対策を目的とした渡航禁止措置を実施している。

https://jp.reuters.com/article/health-coronavirus-who-travel-idJPKBN2IF2BY

前スレ
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1638306366/


【【WHO】反対AA!一律の渡航禁止wwwwww 根拠に基づく対策WW】の続きを読む


日韓経済協力の必要性を認識しながら関係改善を否定的に捉えている。韓国ネットユーザーから、実利を優先した外交が必要とし、経済が崩壊したら終わりだと。現政権が企業の苦しみも知らず、権力のため反日を叫んでばかり。韓国のネットユーザーの皆さんは、マトモナ事をおっしゃっているね。歴史認識を改め、反日教育を止める所から始めよう。

1 昆虫図鑑 ★ :2021/11/30(火) 13:00:04.94

2021年11月29日、韓国・ソウル経済は「韓国の輸出入企業の多くが日韓の経済協力の必要性を認識しているが、関係改善の可能性については否定的にとらえていることが分かった」と伝えた。

記事によると、大韓商工会議所は先月11~15日、韓国の輸出入企業202社を対象に、日韓間の経済協力の必要性に関するアンケート調査を行った。その結果、92.6%が「必要だ」と回答し、「必要性を感じない」との回答は7.4%にとどまった。

ただ、日韓関係改善の見通しについては「現在の難しい関係が続く」が80.7%、「さらに悪化する」が6.4%を記録し、悲観的に考える人が圧倒的に多かったという。

大韓商工会議所のカン・ソック国際通商本部長は「外交上の対立と新型コロナウイルス感染拡大の二重苦に悩まされている日韓の企業は今後、グローバルサプライチェーンの再編にも対応しなければならないという難題に直面している」とし、「民間の経済界から日韓協力の基盤を復元して協力課題を発掘し、互いにコミュニケーションをとる努力をしていく必要がある」と話したという。

これを受け、韓国のネットユーザーからは「日米中すべてに対して実利を優先した外交が必要。経済が崩壊したら終わりだよ」「現政権は企業の苦しみも知らず、権力のため反日を叫んでばかり…」「経済的な面では協力が必要だけど、国の品格や国民感情の面では時期尚早。この難しい問題を解決する政治家には賢明な判断をお願いしたい」「日韓は徐々に互いへの依存度を下げていくしかないのでは」「韓国企業は輸出入先の多角化も並行するべき」などさまざまな意見が寄せられている。(翻訳・編集/堂本)


https://www.recordchina.co.jp/b885780-s39-c20-d0191.html

前スレ
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1638240131/


【【時期尚早】悪化AA日韓関係OO!韓国企業9割以上wwwww経済協力!!】の続きを読む


記事・画像は引用しております

中国軍は台湾海峡周辺で、海軍と空軍が合同で戦闘に備えたパトロールを行ったと発表した。台湾は、蔡英文総統がアメリカの超党派議員団と会談をしていた。中国は会談に合わせての挑発行動なのか。圧力と威嚇を繰り返す行動に、日本をはじめ、世界はどのように見ているのか、毎日が緊張状態の続く台湾海峡ですね。

【【台湾海峡】AA!台湾蔡英文総統WW米国超党派議員団と会談!!】の続きを読む

このページのトップヘ