国際・海外・政権・政治・軍事・経済・外交・事件・事故


鳩レースで1万羽が行方不明に。鳩およそ1万羽が姿を消したという。イギリスで開催された、このレースでは、太陽風が方向感覚に影響を及ぼし帰巣本能を失わせたことが原因と考えられるようだと。鳩は日本では平和の鳥だから自由になりたかったのでは。

【【時事ネタニュース】 自由を求めて亡命か、鳩レースで1万羽】の続きを読む


クーデターを起こしたミャンマー国軍への批判を同国のチョ・モ・トゥン国連大使(51)が28日、これまで国軍への不服従を表明した。外交官が欧米や日本など7か国に駐在外交官20人「反国軍」を表明。ミャンマー帰国拒否する。勇気ある行動ですね。

【【速報】 外交官、ミャンマー帰国拒否】の続きを読む


中国共産党は7月、創設100年目を迎える。一党独裁支配。内外で様々な摩擦や歪みを生んでいる。ここ、チベット族居住地域山あいのチベット仏教寺院で、チベット族の女性13人が電球の光が届かない暗い一角を見つけて涙ぐみながら一心に手を合わせていた。。この視線の先にあるのは「ダライダマ14世」。この一角にも、当局が設置した監視カメラが監視続けている。
『自由のないチベット族』

【【時事ネタニュース】 「チベット死ぬ自由もない」きしむ大国】の続きを読む


中国情報機関である中国国家安全部ナンバー2が今年2月、アメリカに亡命申請したとの情報が、米国などの複数のメディアによって報じられている。新型がコロナウィルスが中国人民解放軍の化学兵器として、武漢研究所で開発された証拠を携えていると伝えた。これが本当であれば世界にとって朗報ですありますね。中国の噓が暴かれること期待します。

【【速報】 亡命、中国の噓が暴かれる日】の続きを読む


中国の少数民族団体がデモ。北京冬季五輪ボイコットを呼び掛け、多くのデモ参加者が各民族の伝統的な衣装を着用。ジェノサイド五輪は中止と書かれたプラカードを掲げた。中国政府はつい先日、チベット言語・チベット文化・アイデンティティを抹消するための多角的なキャンペーンに乗り出した。ウイグルのように。私見ですが、先日の自公政権の下、議員たちは愚かにもジェノサイド批判決議に反対したのだ。恥ずかしくもなく。こんな議員に一票入れること自体が恥ずかしい。本当に日本には要らない議員なのだ。

【【速報】ジェノサイド五輪に反対、少数民族団体を支持しよう】の続きを読む

このページのトップヘ