最近の出来事・五輪パラ・一般・感染症



オリジナルビデオ作品 『ウルトラマンティガ外伝 古代に蘇る巨人』 プラネタリウム版 『ウルトラマンティガ〜光の子供たちへ〜』 ウルトラマン生誕30周年記念番組。『ウルトラマン80』以来16年ぶりとなる、『ウルトラQ』や『ウルトラマン』放映から30年となるテレビシリーズ。次作『ウルトラマンダイナ』や『ウルトラマン
226キロバイト (31,972 語) - 2022年7月28日 (木) 23:02
記事・画像は引用しております

7月10日はウルトラマンの日。見た目が好きなウルトラマンヒーローランキング「ティガ」が4位に。子供たちの憧れウルトラマンは子供たちのヒーローなのです。

【【ヒーロー】AA!!憧れのwwウルトラマンww4位がティガww!!】の続きを読む



わらびもち(わらび餅、蕨)は、わらび粉を原料とする柔らかく口どけの良い和菓子。 きな粉や抹茶の粉、黒蜜をかけて食べるのが一般的となっている。 製法の一例は下記の通りである: わらび粉に水と砂糖等を混ぜる 火にかけてデンプンを糊化させる事でドロドロにする これを常温で10分くらい冷ます
8キロバイト (1,096 語) - 2021年11月8日 (月) 09:36
記事・画像は引用しております

津市に7月19日、本わらび餅専門店「巴里庵 久居店」がオープンしました。大正10年創業の老舗和菓子店が手掛ける本物わらび餅が絶品ということです。ぜひ、一度は食べてみたいですね。

【【老舗】AA!!巴庵wwwwわらび餅wwオープン久居店ww!!】の続きを読む



集団免疫(しゅうだんめんえき、英: herd immunity, herd effect, community immunity, population immunity, social immunity)とは、ある感染症に対して集団の大部分が免疫を持っている際に生じる間接的な保護効果であり、免疫
57キロバイト (7,703 語) - 2022年7月7日 (木) 00:27
記事・画像は引用しております

タレントの長嶋一茂氏が29日、番組の中で「集団免疫を作った方が感染者は減る」と持論を語った。だが、専門家と称される者がタイミングが早いと。いつがタイミングなのだ?こんなものを2類から5類にして、ワクチン接種は有料で希望者が自由にするべきものと思うが。

【【称賛】AA!!風邪のようなww集団免疫ww2類から5類ww!!】の続きを読む



スタイルというコーヒーやコーヒー店のスタイルとして定着した。 スターバックスには「世界を変える」という使命があるとジョン・ムーアは述べている。 店名の由来は、第一候補だったハーマン・メルヴィルの小説『白鯨』に登場する捕鯨船ピークォド号(Pequod)の名を退け、副長の人名であるスターバック
54キロバイト (6,647 語) - 2022年7月10日 (日) 21:57
記事・画像は引用しております

スターバックス夏のフードメニュー第3弾は「納涼SUMMER」。フルーツをふんだんに使ったケーキやコールサンドイッチなど。
これはフルーツ不安が喜ぶ企画ですね。

【【納涼企画】AA!!第3弾ww夏のフードメニューwwふんだんww!!】の続きを読む


鮮明(朝: 문선명、ぶんせんめい、ムン・ソンミョン、1920年2月25日(陰暦1月6日)- 2012年9月3日)は、韓国の宗教家。世界平和統一家庭連合(旧・世界基督教統一神霊協会。通称は統一教会、統一協会。以下便宜的に、統一教会と表記)、国際勝共連合を含む統一運動の創立者。妻は韓鶴子。本貫は南平文氏。
45キロバイト (6,824 語) - 2022年7月28日 (木) 00:32
ウンザリする連日の統一教会のニュース。もう、はっきりしたことは、自民党は統一教会とはズブズブの関係であるということだ。選挙運動も含めて、何から何まで繋がっている闇の世界なのだ。自分は参院選前に自民党支持・自民党議員支持を止めたことが救いだ。こんな酷い事になっていたとは思いもしなかった。これで自民党が公明党と一緒に壊滅してもらいたいが、無理だろうなカルト信者がいるうちは・・・・


1 BFU ★ :2022/07/29(金) 07:54:58.51ID:F216iqty9
歴史をたどれば、かつて政治と統一教会の関係は自民党を中心として、右派勢力の広範囲に及んでいた。

「統一教会が最も深く政治に関与していたのは、1970年代から80年代を経て、90年代の初頭まででしょうか」

 と言うのは、さる古参の永田町事情通である。

「国際勝共連合や関連団体を通して、国会議員のところにスタッフを送り込んでいました。派閥や政党には、統一教会サイドに話をつなぐ窓口役がいた。彼らの仲介で、議員の中には秘書や運転手を教会から派遣してもらう者もいました。スタッフの給与まで、教会丸抱えのケースもありましたね。あるいは、選挙になると、教会から数十人単位で運動員が送り込まれ、ポスター張りや電話での投票依頼などを行うんです」

「宗教的な情熱で動く人たちは違うんでしょうね」
 彼らは、現場では重宝されたという。

「とにかくよく働くんです。土建会社や組合などから派遣されたスタッフにはサボる人も少なくなかったのですが、勝共連合は違う。朝6時から始まって、夜の10時くらいまで懸命に働いてくれて文句ひとつ言わない。見返りを求めない。やはり宗教的な情熱で動く人たちは違うんでしょうね」

 実際、70年代から80年代にかけて、勝共連合のメンバーとして活動していた、さる元信者に聞いても、


「選挙の度に死に物狂いで自民党議員の支援をしたものです」

 と往時を振り返る。

「ひとつの選挙区に40人は入ってね。時には徹夜で活動していました。もちろんボランティアですが、神のため、メシアのためになると信じてやってきましたよ」

教会が熱望した文鮮明の来日実現
 政治家にとっては実にありがたい存在だが、では、教団側はどのようなメリットを求めて、こうした献身的な活動を行ってきたのだろうか。

 「宗教問題」編集長で、ジャーナリストの小川寛大氏によれば、

「政権与党の有力な政治家を支援し、親密な関係を結ぶことによって、教団の求める施策の実現を図ろうとした側面がある」

 実際、かつて勝共連合は「スパイ防止法」の制定を目指し、自民党の有力政治家に働きかけ、資金援助までしていた。結局、同法は成立しなかったが、教会がより熱望していたのは、文鮮明の来日実現である。前編で紹介した通り、文鮮明はアメリカで投獄された過去がある。そのため、入管法の規定上、日本には入国ができなかったが、1992年、法務大臣が特別許可を出して来日が許された。これには、金丸信をはじめとする自民党の有力政治家の後押しがあったという。

 当時、勝共連合系とつながりを持つ議員は200人もいるといわれていたから、その蜜月ぶりたるやすさまじいものがあったのだ。


麻生太郎・副総裁や菅義偉・前総理大臣など大物の名も



続きはソースで
https://approach.yahoo.co.jp/r/QUyHCH?src=https://news.yahoo.co.jp/articles/9704b8faddd3531637d4d635421a32e6c1a38997?page=3&preview=auto

【【ズブズブの闇の世界】AA!!死に物狂いww自民党応援ww!!】の続きを読む

このページのトップヘ