最近の出来事・五輪パラ・一般・感染症・祭り


「幸せを呼ぶハチ」と言われる『ブルービー』が人気(熊本)
…「幸せを呼ぶハチ」と言われる『ブルービー』が今年も阿蘇郡高森町の阿蘇野草園で飛び交い、人気を集めています。 『ブルービー』の愛称で呼ばれているルリモ…
(出典:TKUテレビ熊本)


熊本・「幸せを呼ぶハチ」と言われる「ブルービー」が、今年も阿蘇郡高森町の阿蘇野草園で飛び交い、人気を集めています。「ブルービー」の愛称で呼ばれているルリモンハナバチは、体長1.5センチほどで黒地に青いしま模様が特徴です。さあ、阿蘇野草園にブルービーを見に行こう。

【【幸せください】 野草園を飛び交う、ブルービー】の続きを読む


栗原市と登米市にまたがる「伊豆沼」では、夏の風物詩「ハス」の花が見ごろを迎え、訪れる人たちを楽しませています。伊豆沼では今、「はすまつり」が開かれ、遊覧船に乗って水面を彩るハスの花を間近で見ることができます。乗船した人は、「幻想的な感じで朝早く来てよかった」と話していました。それは美しいものを見ることが出来てよかったですね。

【【夏の風物詩】 伊豆沼、遊覧船で幻想的な風景】の続きを読む


東京五輪IOCは6日、五輪陸上女子のベラルーシ代表だった選手(24)に帰国を強制したとして、同国コーチ2人の大会参加資格証をはく奪したと発表した。当然の対応でしょうね。自由のない独裁政権はいけません。

【【IOC】 参加資格証はく奪、ベラルーシーのコーチ】の続きを読む


画像は引用です

2年連続で中止となった青森ねぶた祭の代替えイベントについて、主催者側が27・28日の両日に開催する方向で調整していることが6日、祭り関係者の言葉として分かった。青い海公園で、ねぶたを展示・運行し、その様子をインターネットで配信する方針の予定。何もかにもコロナウイルスの蔓延でとばっちりを受け迷惑至極だ。

【【ねぶた祭り】 代替えイベント、青い海公園ねぶた祭】の続きを読む


中日は6日、5年目右腕の木下雄介投手(27)が3日に名古屋市内で死去したと発表した。家族の意向で詳しいことは伏せている模様です。右肩のリハビリを行っていた7月6日に倒れ入院していたようです。これからという27歳の若さで残念です。
謹んでお悔やみ申し上げます。

【【訃報】 右腕投手、突然の死に衝撃が、木下雄介氏】の続きを読む

このページのトップヘ