最近の出来事・五輪パラ・一般・感染症


画像は引用です

ギリシア中部の街・ラリッサで保護された猫「ペルセウス」。実は不幸な事故に遭い3本の足を失っていたのです。当時は歩くこともままならない状況で動物病院に運ばれたペルセウス。そこで獣医師が施した治療は、3本の新しい義足を付けるというものでした。3Dプリンターを使って作られたというプラスチック製の義足。最初の10秒か15秒でまるで昔から足があったように問題なく動いて歩きだしたとのことです。よかったですね。不幸な事故に遭いましたが獣医師さんの努力で義足を付けてもらい、これからは元気に走り回れることでしょうね。

【【朗報】 3Dプリンター、足を失った猫に義足を】の続きを読む


玉野で104年、商船建造に幕。三井E&S造船工場(玉野市)で21日、最後の引き渡し式が行われた。1917年の創業以来、この地で888隻を作った。104年間続けてきた商船建造はこれで終了とのことです。残念ですね。日本の造船技術の高さは最高と思っていましたが。国の対策は無かったのでしょうか。体たらくの政府・官僚では無理か。

【【時事ネタニュース】 造船技術残念、玉野で104年の商船建造に幕】の続きを読む


アオノリュウゼツラン 高さ約6mにぐんぐん伸びて咲く黄色い花 尾道市
…た??という情報を受け取材班が尾道市に行きました。 こちらが、百年に一度の花、アオノリュウゼツランという植物の花です。 黄色い小さな花がいっぱい咲いています。
(出典:テレビ新広島)


「百年に一度咲く花」センチュリープラント=世紀の植物が咲いたという話ですが、情報を受け尾道市に行きました。黄色い花がいっぱい咲いています。。この花、ちょっと宙に浮いているように見えませんか。およそ6メートルの高さに咲いているのです。ここの花は、50年前に植えられたそうですよ。珍しい花なんです。良いことがあるかもしれませんね。

【【驚愕】 世紀の植物、アオノリュウゼツラン】の続きを読む


新型コロナウイルス感染の拡大が続くインドネシアから避難するする邦人を運ぶ特別便が21日と25日に運航される。費用が色々含めると一人46万円になる便もあるとか。現地では「ぼったくり」との批判も出ている。「政府特別機なので必ず乗れると思っていた。」私見ですが、民間企業ですから、自分の意志や責任は当然のことですので、外国に住むとはそういう事も覚悟しなければならないのではと思いますが、それにしても高いかな。

【【時事ネタニュース】 確かに高いが、特別便46万円ぼったくりか】の続きを読む


バッハ会長は20日、東京で開かれたIOC総会の冒頭で演説し、東京オリンピックの開催に疑念を持っていたことを初めて明らかにした。何を今さら、振り回される日本にもなってみろ。

【【速報】 いい加減にしな、バッハ会長五輪に疑念】の続きを読む

このページのトップヘ