防衛・安全保障



インパルスブルー」とするか「ブルーインパルス」に変更するかで迷っていたという。彼の妻が「衝撃という意味では、原爆の青い閃光ほど衝撃的なものはない」と言ったことから「ブルーインパルス」に決まったという。 こうして、制式化された「ブルーインパルス
257キロバイト (30,168 語) - 2022年11月17日 (木) 12:49
記事・画像は引用しております

愛知県・県政150周年を記念して、ブルーインパルスが県内各地を飛行した。名古屋上空では「さくら」や「ビックハート」などの、アクロバット飛行の華麗な編隊飛行がたくさんの人達を魅了したのです。


【【華麗な編隊】AA!!ブルーインパルスww愛知ww魅了するww!!】の続きを読む


有事」は法律用語ではなく軍事用語であり、防衛省では便宜的に有事に関する法制を有事法制といっている。防衛省が用いる有事の概念は、必ずしも画一的な概念として捉えられているものではないが、一般的に「自衛隊が防衛出動する事態」を指していると言われている。 有事法制をめぐる有事
8キロバイト (1,027 語) - 2022年7月23日 (土) 06:01
記事・画像は引用しております

自民党の佐藤正久参議院議員は「防衛費自給率が悲惨な状況だ」という。ふるさと納税があるのなら防衛納税の発想があってもいいと。そもそも、お粗末な岸田自公政権の防衛に関わる無能な考えが元凶というもの。国、亡くして国民の存在をどう考えるのか。まったく国民のことを蔑ろにしている国民の命をだ!

1 Stargazer ★ :2022/11/14(月) 10:43:17.47ID:ZgNVJcWt9
自民党の佐藤正久参院国対委員長代行(元外務副大臣)は13日、フジテレビ系『日曜報道 THE PRIME』(日曜午前7時30分)に出演し、「ふるさと納税があるなら防衛納税の発想もあっていい」と述べ、防衛費増額の財源にふるさと納税の仕組みを活用する案を改めて披露した。

佐藤氏は「防衛自給率が悲惨な状況だ」と指摘し、将来的に増税や歳出削減などで返済する「つなぎ国債」の発行案にも言及。「国防は最大の福祉だ。ウクライナを見てほしい。応分の負担、安定的な財源が必要で、そこは(国民に)お願いしないといけない」と説明した。

9日に開かれた政府の「国力としての防衛力を総合的に考える有識者会議」(座長=佐々江賢一郎・元外務事務次官)の第3回会合で、財務省は「幅広い税目による国民負担が必要」と報告し、増税で防衛費増の財源を確保する姿勢を示している。

ジャーナリストの櫻井よしこ氏は、「国の根本は経済と防衛の二つだ。経済を弱くする形の増税には反対」と語った。その上で、「今は非常事態だ。赤字国債を出してでも必要な軍事費は防衛国債という形でやってもいいのではないか」と主張した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/5c038f706c38d372902e39b3d1f804598658de4f

【【防衛費】AA!!国防wwこれで国を守れるのかwwww]!!!!】の続きを読む



エア・クッション型揚陸艇(エア・クッションがたようりくてい、Air-cushioned Landing craft、Landing Craft, Air Cushioned)あるいは、エア・クッション型揚陸艦(エア・クッションがたようりくかん)とは、ホバークラフトを利用した揚陸艦及び揚陸艇である。LCACとも。…
2キロバイト (248 語) - 2021年3月28日 (日) 07:23
記事・画像は引用しております

海上自遭衛隊のエアクッション型揚陸艇・LCACは、地震などの災害に備え、遭難者の捜索や物資の陸揚げなどを連携して行う頼もしい揚陸艇なのです。

【【揚陸艇】AA!!ドリフト走行もww災害にもww頼もしいww!!】の続きを読む



全国瞬時警報システム (Jアラートからのリダイレクト)
信衛星と市町村の同報系防災行政無線や有線放送電話を利用して、緊急情報を住民へ瞬時に伝達する日本のシステムのことで、通称J-ALERT(Jアラート:ジェイアラート)と呼ばれている。 J-ALERTは、津波をはじめとする大規模災害や、武力攻撃事態または存立危機事態が発生した際、国民保護のために必要な情報…
30キロバイト (4,302 語) - 2022年11月3日 (木) 09:58
記事・画像は引用しております

Jアラートのシステム改修を含めた改善策を検討という。一刻も早くしなければ大変な事態になりかねない。とにかく信憑性のある情報が早くほしい。落下してからでは遅いし、一体、どこに避難すればいいのか。

【【批判】AA!!落ちてからではwwどこに避難かww!!!!】の続きを読む


潜水艦(せんすいかん、英語: submarine)は、水中航行可能な軍艦である。小型の軍用・民間用の水中航行可能な船は潜水艇と呼び区別される。 戦艦、空母、巡洋艦、駆逐艦などの水上艦と潜水艦とを分ける最大の違いは、潜水艦が水中を航行できることである。特に第二次世界大戦以降の潜水艦は水中航行を主な目的としている。…
121キロバイト (18,282 語) - 2022年10月16日 (日) 01:43
記事・画像は引用しております

「たいげい」型・潜水艦は、ディーゼル推進の通常動力型潜水艦としては世界最大級です。優れた探知能力や優れた静粛性が一層向上しているようですね。本当に日本の潜水艦技術は頼もしいかぎりです。


1 シャチ ★ :2022/10/12(水) 11:58:02.52 ID:h02pSQwF9.net
 防衛省は2022年10月12日(水)、三菱重工神戸造船所(神戸市兵庫区)において新たに建造された、たいげい型潜水艦3番艦の命名式および進水式を実施しました。

「じんげい」と命名されたこの艦は全長84.0m、幅9.1m、深さ10.4m、基準排水量は約3000トン。乗員は約70名、主機関はディーゼル電気推進で、リチウムイオン電池搭載の1軸推進式です。起工は2020年4月24日で、今後、艤装や各種試験を実施したのち、2024年3月に引き渡しの予定です。

 たいげい型潜水艦は、ディーゼル推進の通常動力型潜水艦としては世界最大級であり、なおかつ建造時から女性自衛官の勤務を想定して相応の設備を有しているのが特徴です。外観形状は、従来のそうりゅう型潜水艦とほぼ変わらないものの、探知能力や静粛性が一層向上しているといいます。

 主機関はディーゼルエンジンとリチウムイオン電池を組み合わせたディーゼル電気推進を採用。主要装備として、艦首に魚雷発射管を備えるほか、潜水艦戦闘管理システムや、ソーナー装置(艦首アレイ、側面アレイ、えい航あれいなど)、TCM(Torpedo Counter Measure:潜水艦魚雷防御システム)を搭載しています。

 なお、「じんげい」は漢字では「迅鯨」と書くそうで、これは海の王者たるクジラが波をけたてて疾走するさまを表現した単語とのこと。この名称を海上自衛隊が用いるのは初めてですが、旧日本海軍では2度の採用例があり、初代は1881(明治14)年8月に就役した、外輪船「迅鯨」で、2代目は1923(大正12)年8月に就役した潜水母艦「迅鯨」でそれぞれ命名されています。

乗りものニュース編集部
https://news.yahoo.co.jp/articles/45e076952d5e326b63d54df469d9e41dec3cc4ce

【【防衛力】AA!!最新潜水艦wwww進水ww 海上自衛隊期待wwww!!!!】の続きを読む

このページのトップヘ