台湾寄りで中国の刺激を続ける日本に、「ハシゴ外し」のリスク。アメリカの対中政策に「変化の兆し」対中政権を民主主義対専制主義と位置づけ、台湾の蔡英文政権を強く支えてきたアメリカのバイデン政権のスタンス「冷戦思考」と批判する声があがっている。また政権高官が「台湾独立を支持しない」と発言するなど、対中政策を見直す兆しが見える。中国の習近平国家主席と秋に首脳会談を目指す「地ならし」という見方もある。いや、日本はどんなことがあっても台湾を守らなければならない。同盟として当然です。アメリカが「ハシゴを外す」なら、他の同盟国と共同で守らなければならないと思う。