(出典 aidoly.net)


漫画家の三浦健太郎さんが、5月6日、急性大動脈解離で亡くなった
54歳。代表作『ベルセルク』で知られる。
謹んでご冥福をお祈りいたします。

1 ネトウヨ ★ :2021/05/20(木) 12:45:21.22

 漫画『ベルセルク』などを執筆した漫画家の三浦建太郎さんが5月6日午後2時48分、急性大動脈解離のため亡くなった。54歳。20日、白泉社が公式サイトで訃報を伝えた。

 サイトでは「三浦先生の画業に最大の敬意と感謝を表しますとともに、心よりご冥福をお祈りいたします」と追悼し「なお告別式はご家族にて執り行われました」と報告。

 「三浦先生には、永年にわたり白泉社で『ベルセルク』をはじめとする人気作品の数々をご執筆いただきました。現在もヤングアニマルにて同作を、一昨年からはヤングアニマルZEROで『ドゥルアンキ』を連載中でした」と記し「読者の皆様には、三浦先生の作品をご愛読いただきましたことを深謝いたしますとともに、謹んでご逝去のご報告をお知らせ申し上げます」と伝えた。

 ヤングアニマル編集部一同としてのコメントも掲載。「三浦建太郎先生の突然の訃報に接し、ヤングアニマル編集部は深い悲しみに包まれています。この受けいれがたい事実をどのように捉えたらいいのか。正直、言葉が見つかりません。思い出されるのは、編集部の人間に会うと、いつも朗らかにご自分の好きな漫画やアニメ、映画の話などを楽しく語っていた時の笑顔ばかりです。我々は三浦先生の怒った顔を見たことがありません。いつも楽しそうな少年のような方でした」。

 「どうかファンの皆様、関係者の皆様、三浦先生の楽しそうな笑顔を想像していただき、ヤングアニマル編集部と共に静かにご冥福を祈っていただければと存じます。何卒よろしくお願い申し上げます」とメッセージしている。

 三浦さんの代表作『ベルセルク』は、『月刊アニマルハウス』にて1989年に連載がスタートし、その後『ヤングアニマル』に連載の舞台を移し現在も連載中で、コミックス累計4000万部を超える人気作。剣と魔法、そして魔物が存在する世界を舞台に主人公・ガッツの壮絶なる生き様を描いており、1997~98年にテレビアニメ化、2012年~13年に3部作で劇場アニメ化、2016~17年に再度テレビアニメ化された。


(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/464a813bd1c9aabc5e3bf72e5b1e1e1e551424f0
※前スレ
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1621481331/





46 ニューノーマルの名無しさん :2021/05/20(木) 12:47:24.37

ご冥福

(出典 i.imgur.com)


73 :2021/05/20(木) 12:47:56.77

正直、忘れかけてたしアニメ編の最終回で十分だった
あとは自分たちの妄想で補完しよう


75 ニューノーマルの名無しさん :2021/05/20(木) 12:48:04.65

ベルセルクが終わってしまった
ご冥福をお祈りします


76 ニューノーマルの名無しさん :2021/05/20(木) 12:48:09.10

急死じゃ最後までの構想とか残してないよなぁ……


81 ニューノーマルの名無しさん :2021/05/20(木) 12:48:15.96

漫画家って職業柄、独身多いよな
不摂生な生活なるんだろうか


86 ニューノーマルの名無しさん :2021/05/20(木) 12:48:22.37

座りっぱなしだから血管の病気になりやすいのかな

この人の作品は漫画史にも残と思う
人生をかけて素晴らしい仕事を残されました
お疲れさまでした