記事・画像は引用しております

新型コロナウイルス感染症の「自宅療養中」の死亡が相次いでいる。感染症の容体が、急変が10分単位で患者の生命に関わる事態になるのは、例えば、2020年12月、秘書の運転する一般車両で医療施設に移動していた羽田雄一朗参議院議員を襲った容体急変が、よくものがたっています。この様な容体急がをあり得るという事を、よく知っていなければなりません。